トゥルースリーパーは種類がいろいろ、名前がソックリなプレミアムとプレミアムケアはどこが違う?

トゥルースリーパー直営・熱田店

トゥルースリーパーは種類がたくさんあり、正直どこが違うのか解りません

その中で特にオススメされているのが・・・

トゥルースリーパープレミアムトゥルースリーパープレミアムケア

プレミアムとプレミアムケア・どこが違う?

ケアと付いているだけで良さそうな印象を持ちますが、どこが違うのでしょうか?
よく似た名前の2者の違いをレビュー

 

トゥルースリーパープレミアム

↓画像クリックで「トゥルースリーパープレミアム」へジャンプ


素材は低反発で出来ていて弾力性や復元性に優れているという特徴があるのがトゥルースリーパープレミアム

2002年発売なのでもう18年間のロングセラー商品という訳です

 

サイズはシングル・セミダブル・ダブル・クイーンの4サイズあり、販売価格はシングルで22,800円(税抜)

 

今、使っているベッドや布団に敷くだけで、快適な睡眠を得ることができる
適度に柔らかく体がやさしく包み込まれている感じがする低反発マットレス・・・という事です

 

トゥルースリーパー プレミアム商品概要

 

サイズ 厚さ×幅×長さ 税抜き価格 送料
シングル 5×97×195cm 22,800円 無料
セミダブル 5×120×195cm 24,600円 無料
ダブル 5×140×195cm 26,800円 無料
クイーン 5×160×195cm 28,800円 無料

 

良い点

低反発素材 「ウルトラヴィスコエラスティック」100%使用
低反発素材がもたらす利点がプレミアムの利点です

具体的には・・・

  • 低反発素材なので安定した理想の寝姿勢で寝られる
  • 低反発素材なので腰痛、肩コリを予防する
  • 低反発素材なので弾力性があり柔らかい

 

悪い点

  • 低反発素材「ウルトラヴィスコエラスティック」はウレタン製なので通気性が悪い

 

 

トゥルースリーパープレミアムケア

↓画像クリックで「トゥルースリーパープレミアムケア」へジャンプ


プレミアムケアは2017年に発売された「トゥルースリーパー プレミアム」のリニューアル版

リニューアルされたものとは言えプレミアムと同じく低反発素材「ウルトラヴィスコエラスティック」仕様です

 

プレミアムケアは、オーダーメイドのようなフィット感
腰・肩の負担をラクにする、とろける寝心地・・・と宣伝されています

 

表現は違えどプレミアムと外観、寝心地は、そう変わらず同じです

決定的な違いは、抗菌・防カビ・防ダニ仕様が付け加えられたことです

 

プレミアムケアは抗菌・防カビ・防ダニ仕様が追加された為、今までよりも清潔に寝られます

 

シングル・セミダブル・ダブル・クイーンの4サイズあり、販売価格はシングルで24,800円(税抜)
プレミアムより2,000円、価格は高くなります

 

トゥルースリーパー プレミアムケア商品概要

 

サイズ 厚さ×幅×長さ 税抜き価格 送料
シングル 5×97×195cm 24,800円 無料
セミダブル 5×120×195cm 26,800円 無料
ダブル 5×140×195cm 28,800円 無料
クイーン 5×160×195cm 30,800円 無料

            

良い点

プレミアムと同じく・・・

  • 低反発素材なので安定した理想の寝姿勢で寝られる
  • 低反発素材なので腰痛、肩コリを予防する
  • 低反発素材なので弾力性があり柔らかい

そしてプレミアムケアには良い点がもう2つ付け加えられました・・・

  • 抗菌、防ダニ、防カビ仕様なので清潔
  • カバーが片面メッシュになったことで通気性が良くなった

 

悪い点
今までのプレミアムは通気性が悪く蒸れやすいという欠点がありました

しかしカバーが片面メッシュになったことでムレる欠点が改良されました
悪い点が解消されたというわけです

 

プレミアムとプレミアムケアの比較

 

低反発マットレス「トゥルースリーパープレミアム」と・・・
新しく発売された「トゥルースリーパープレミアケア」を比較すると

 

共通点

共通点

共通点は

素材 共に低反発
厚み 共に5cm
大きさ 幅、長さがそれぞれのサイズで同じ
重さ 4.6kgで同じ

  
素材は低反発「ウルトラヴィスコエラスティック」100%使用 で同じです 

厚み、大きさ、重さも両者共、変わりません

従って外観寝心地は違いが見られない・・・です    

 

特徴の共通点
特徴に共通点があるのよね!

特徴にも4つの共通点がみられます

 

柔らかさに包まれるような寝心地の良さ

 

低反発素材 「ウルトラヴィスコエラスティック」100%使用

 

低反発なので柔らかく体の凹凸に合わせて自在に変形します
柔らかいのに支えられるという絶妙な寝ごこちの良さを得られます

 

腰や肩にかかる体圧を分散

 

トゥルースリーパーはトッパータイプです
今使っている敷布団やマットレスの上に敷いて使うもの

 

トゥルースリーパーを敷く前は、腰や肩に体圧が集中します
集中するので、腰と肩が圧迫され、負荷がかかるので痛くなるわけです

 

しかしトゥルースリーパーを足すだけで、体圧を分散するので腰と肩が痛くならない

 

理想の睡眠姿勢をサポート

 

トゥルースリーパーは、低反発素材を使用していて適度な反発力を兼ね備えている

適度な反発力は無理のない寝姿勢をサポートしてくれます

 

日本製

 

トゥルースリーパーは国内で徹底した品質管理のもと製造している為、安心です

海外で製造されていると、その国の事情がさっぱりわかりません

ズサンな管理方法で製造されているかも知れない

その点日本国内産なら安心です

 

 

相違点

相違点

 

両者の最たる違いは、抗菌、防ダニ、防カビ仕様が付いているか?
付いていないかの違いです

 

特徴の相違点
たプレミアムケアはいったいどこをリニューアルしたのかしら?

リニューアルしたところは2つ

  • 抗カビ加工、抗菌加工、防ダニ加工を加えた
  • カバーを片面メッシュにして通気性の悪さを改善した

 

  抗カビ加工、抗菌加工、防ダニ加工
プレミアム なし
プレミアムケア  あり

            
また、プレミアムはウレタンの悪い面、通気性の悪さがありました
夏にはムレを感じて暑いという悪評も見られました

 

そこでプレミアムケアは、カバーを片面メッシュにし、メッシュ側を春夏に使う仕様になっています
蒸れやすさをメッシュで解消した訳です

 

 

価格の違い

出費

 

抗菌、防ダニ、防カビ加工を施したプレミアムケアはプレミアムより2,000円高くなっています

 

プレミアムとプレミアムケアの税抜き価格送料はすべて無料です↓

 

サイズ プレミアム プレミアムケア
シングル 22,800円 24,800円
セミダブル 24,600円 26,800円
ダブル 26,800円 28,800円
クイーン 28,800円 30,800円

             

 

それぞれの口コミはどんなもの?

みんなの口コミはどんなのがあるの?

 

プレミアム口コミ

プレミアム↓

 

腰痛持ちの嫁さんがこれは良いと
朝、起きた時腰が痛かったのが解消
高かったけど満足してるみたいです。

 

以前よりは腰への負担が軽減されました。
この時期(夏場)ですと熱が籠もるような気がして暑く感じることがあります。

 

腰痛は、改善された
夜中腰が痛くて起きる事が、無くなった
通気性は、あつい
ウレタンだからかなぁ??

 

 

 

プレミアムケア口コミ

プレミアムケア↓

 

寝心地がいい
寝ている時の姿勢が矯正されている感じがあり、腰への負担が軽減されているようです。

寝不足ほぼ解決不眠症も人によりますが改善するかも!

 

 

肩凝りと首の痛み収まりました!蒸し暑い日でもそれなりに寝れるようになり寝不足の日もだいぶ減りました!
少し高いですが2.3年湿布買い続けるよりこれを買った方がお得かも!

 

快適
若い頃に買った固いマットのベッドが、全く別のマットに生まれ変わりました。快適です。

 

 

これらの口コミから寝心地は両者共

  • 腰への負担が軽減した
  • 寝ている時の姿勢が良くなった
・・・と同じです

 

しかし暑いムレ感プレミアムケアの口コミでは見られなくなっています

プレミアムケアの方が15年後に発売された分、通気性が良くなったということです

 

まとめ

結局はプレミアムの方が新しいから良い面があるって事よね

 

プレミアムとプレミアムケアの違いは・・・?
プレミアムケアは、プレミアムを新しくリニューアルしたもの

 

プレミアムケアは、抗菌、防ダニ、防カビ加工がされている
カバーの片面をメッシュにしてムレを防いだ・・・と工夫改良されています

 

この2点の改良がみられる分、マットレスの品質は良くなった

しかし価格は2,000円高くなった・・・ということです

 

 

プレミアムに寝た感想

 

トゥルースリーパー取扱店フェア

トゥルースリーパー取扱店フェア↑

 

プレミアムが家の近くで開催された布団祭りに出店されていました
寝てみた感想は、まず、柔らかいと感じました

 

柔らかめが、お好みの方には良いものだと思います
硬めが良い方は、下に敷く布団やマットレスは硬いものがおすすめです

 

下に敷くものが硬い場合、トゥルースリーパーの柔らかさがちょうど良いと感じるはずです

 

 

もあったので、実際寝てみた感想は、万人に好まれるタイプのものだと感じました
枕は大きく、肩と首と頭全体を支えるものでした

 

安定感があり、「この枕は誰が使っても良いと感じられる」と思いました

 

マットレスは柔らかめなので良し悪しが人により分かれます
しかし枕はどんな方が使われても、気に入って頂けるものです

 

 

画像クリックで枕「トゥルースリーパー・セブンスピロー」へジャンプ


トゥルースリーパーは直販店や取扱店が全国にあるので、実際の寝心地を確かめられる
その点はトゥルースリーパーの便利なところですね

 

全国の取扱店情報は下記の記事もご参考にしてください↓

 

 

 


良い掛け布団ってどんな掛け布団?素材別に見た掛けふとんの特徴は?

良い掛ふとんというのは、どういう条件が揃っているものなのでしょうか?

毎日の睡眠をより快適にする為に寝具の良し悪しは影響します

 

ゆっくり休める寝具で熟睡することは健康にもつながります

そのためには敷布団、掛ふとん、枕を選ぶことが大切です

 

 

和雲、羽毛布団

 

ここでは良い掛けふとんの条件とは?
素材別に見た掛けふとんの特徴を考察します

 

 

良い掛けふとんの条件

良い掛けふとんってどういうものを言う?

 

良い掛けふとんの条件とは?

睡眠中におきる体の生理現象に対応できているものと言えます

具体的には

 

  • 保温性に優れている
  • 吸湿性に優れている
  • 軽い
  • 体にフィットする

この4点が揃っている掛け布団が良い掛け布団と言えます

 

 

保温性

暖かい

 

睡眠中は体の熱量が減少するため、昼間起きて活動している時より体温は低下します
ですから、日中、服を着ている時より暖かくしなくてはいけません

 

春先など服を着たまま、何もかけずにちょっと寝てしまったら風邪をひいた
そんな経験はよくあることです

 

寝るときは、何かをかけて物理的に暖かくしなくてはいけないということです
その意味で掛けふとんは保温性のあるものが良いという訳です

 

 

吸湿性

寝汗

 

睡眠中は、意識していなくてもをかいています

一晩でかく汗の量は、コップ1杯分(体重70kgの人であれば、およそ100cc)と言われています

人は汗をかくことで体温調節を寝ている間にも行っている訳です

体に直接触れる掛けふとんは、その汗を吸い取るものが良いということです

 

寝床内の温度が、高くなりすぎ、汗を吸い込まず湿度が高くなると・・・
「蒸れる」為、寝苦しさを感じます

 

ムレ防止のためにも吸湿性の良い掛けふとんが望まれる訳です

 

 

軽い

軽い

 

掛け布団は軽さが必要です
人は1晩に20回ほどの寝返りをうちます

 

何のために寝返りを打つ?

 

  • 体の重みで押さえられる部分を変えるため
  • 暖まりすぎた部分に空気を送って冷やすため

 

寝返りは快適に眠るために必要ということですね

重い布団は寝返りをする際に妨げになります

軽い布団の方が重苦しさ、威圧感を感じずに体を動かせるため楽に寝られます

 

 

体にフィットする

体にフィット

体にフィットする掛けふとん↑

 

掛け布団は柔らかく、体にフィットするものが好ましい

なぜなら体にフィットする方が暖かい空気を外に逃がさないからです

 

硬い掛けふとんは肩や首筋になじまず、隙間が出来ます
その隙間から暖かい空気が逃げてしまうので寒さを感じます

 

硬い掛け布団を何枚か重ねて寝ることは、重いばかりで効率が悪い
寝苦しさを招くため、避けたいやり方です

 

掛け布団は体にフィットする柔らかいタイプのものが良い理由です
軽く、柔らかく、体にフィットする掛けふとんは羽毛、羊毛、合成繊維素材のものが適しています

 

 

掛け布団の素材

掛けふとんっていろんな素材があるよね

 

掛け布団に使われている素材は主に4種類
綿、合繊、羊毛、羽毛に大別できます

 

掛けふとんは保温性、吸湿性、重さ、固さ、フィット性に左右される
その良し悪しを決めているのは、中綿に使われている素材と言う訳です

 

中綿に使われている素材別の特徴を見てみましょう

 

 

綿

木綿ふとんの素材

木綿ふとんの素材↑

 

天然素材の綿は、昔から布団の素材としてよく使われてきた馴染み深い中ワタです

 

良い点
保温性、吸湿性、弾力性、通気性が良い、打ち直し可能

 

悪い点
重い、放質性が悪い、ホコリが出る、長期使用すると綿が固まる、天日干しは必須

 

どんな方におすすめ?
重い掛けふとんの方が良い、落ち着くという方
天日干しが苦にならない方

 

綿素材は、吸湿性に富むのですが、放湿性が悪い為、天日干しが欠かせません

また、綿はお日様に当てるとふっくら感が戻り、よみがえります

太陽の匂いのする綿の掛けふとんは気持ちいいものです

 

 

合成繊維

ポリエステルわた

ポリエステルわた↑

 

合成繊維わたはポリエステル素材が多く昭和33年に登場しました
軽い、価格が安い保温性弾力性に富んでいることから一気に人気が上がった素材です

 

良い点
軽い(綿の1/2)、価格が安い、保温性、弾力性が良い、ホコリが出ない、陰干しで済む

 

悪い点
吸湿性がイマイチ

 

どんな方におすすめ?
お日様に干す時間や場所がない方(風通しの良い部屋で陰干しする)
アレルギー体質の方(ホコリが出ない、ダニが寄り付きにくい)
費用を抑えたい方

 

加工しやすい合成繊維は防ダニ、抗菌加工がしやすく、羽毛に近づけたフンワリ感も施しやすい

最新の技術を取り入れた性能の優れた合繊掛けふとんが多く出回り人気があります

天日干ししなくても良い、お手入れが楽である点も現代人には魅力的です

 

 

羊毛

羊毛

羊毛は価格が高いことを除けば、良い条件を揃えた素材です
羊は自然界で生きるために、最良の毛を装備しているからです

 

良い点
保温性、吸水性、吸湿性、弾力性に優れている、軽い、陰干しで済む
特に吸湿性は木綿の2倍、ポリエステルの35倍程あると言われています

 

悪い点
価格が高い、動物性なのでダニが寄り付きやすい

 

どんな方におすすめ?

価格が高くても良い条件の揃った掛けふとんで眠りたい方
お手入れに手間をかけられない方

 

羊毛は4種類の中で一番お手入れが楽な素材です

湿気をよく吸うものの、放湿性も良い為、乾きやすい

天日干ししなくても時々の陰干しだけで湿気を溜めないのです

 

 

羽毛

羽毛

 

水鳥の羽毛でできた掛けふとんは価格は高いものの、内容が良い
そもそも水鳥は外気の変化に合わせて調整する羽毛を備えている

 

自動で外気の変化に合わせて吸湿、放湿、伸びたり縮んだり、撥水能力を備えている訳です
そんな羽毛は、夏は涼しく冬は暖かい優秀な掛けふとん素材と言えます

 

良い点
保温性、吸湿性、放湿性に優れる、軽い、しなやか、陰干しで済む

 

悪い点
価格が高い、動物性なのでダニが寄り付きやすい、ヘタると羽毛が縫い目から飛び出る

 

どんな方におすすめ?

価格が高くても内容の良い掛けふとんで眠りたい方

 

羽毛は品質の良いものを選ばなくてはデメリット(羽毛が飛び出る)が大きいです

 

価格の安いものは縫製が雑、十分に洗浄されていなかったりする可能性が大です
羽毛が飛び出たり、匂いや防ダニ対策の点で心配です

 

 

素材別特徴(掛け布団)一覧表

素材別特徴をまとめると・・・

 

掛けふとんの場合の素材別特徴を一覧表で表しました

 

  綿 合繊 羊毛 羽毛
軽い ×
保温性・良し
吸湿性・良し ×
放湿性・良し ×
価格が安い × ×
お手入れが楽 ×
アレルギー対策 ×

           

放湿性で△の合繊ですが、そもそも吸湿性が低いため放湿性を一概に表せない

 

アレルギー対策ですが、合繊は元々、吸湿性が悪いためダニに好まれない特徴があります
ホコリも立たないのでアレルギーの方に適しています

 

羊毛、羽毛は本来なら動物性の素材であること、湿気をよく吸っている点でダニには好まれます
しかし、十分な洗浄で防ダニ対策を施している高級なものであれば、アレルギーの方でもまずは安心です

 

 

ダニが好む布団素材は何か?の記事もご参考にしてください↓

 

おすすめする素材はどれ?

特徴は分かったけど、人により合うものは違うよね

 

良い掛け布団とは人により違いがあります
中ワタの特徴からどんな方に、どんな素材が良いのでしょうか?

 

  綿 合繊 羊毛 羽毛
御夫婦が共に働いている方  
一人暮らしの方   
干す場所がない方  
ご高齢の方    
天日干しの匂いフカフカが良い      
アレルギー体質の方      

 

共働きの方、一人暮らしの方は、天日干しの手間がかからない、お手入れが楽な
合繊、羊毛、羽毛がおすすめです

 

しかし、お日様に干すとフカフカで気持ち良い、お日様の匂いで癒されることは確かです
綿素材はお日様に干すと寝心地がよみがえるので捨てがたい面もあります

 

近年はアレルギー体質の方は多くおられます
私はアトピーなので羽毛は絶対ダメです

 

1晩で体が赤くなりかゆみが出てきてしまう為、合繊の布団以外は使っていません

 

また綿ふとんは痒くはなりませんが、ホコリが立つので避けています
それに春先は外に布団を干すと花粉が付着するため、目がかゆくなってしまいます

 

アレルギー体質の方には合繊が一番良い素材だと思います

 

アレルギーの方に良い掛けふとん

アレルギーの方は多いよね、掛け布団にも注意しなくちゃいけないよ!

 

私はアレルギー体質です
子供の頃は喘息が主に出て、それが治ったら次はアトピーが出てきました

 

春先は花粉が飛ぶのでアレルギー性鼻炎や目が痒くなります
そんな関係で羽毛、羊毛は良いものでも反応してしまいかゆみが出ます

 

私は「陽だまりの休息」という掛けフトンを使っています
「雲のやすらぎ」敷き布団とセットで購入したものです

 

「雲のやすらぎ」敷布団と「陽だまりの休息」掛け布団で腰痛対策アレルギー対策をやっています

健康第一主義だからね

 

 

「陽だまりの休息」掛けふとんの特徴

「陽だまりの休息」掛布団

雲のやすらぎはイッティー(一番星)が販売元
「陽だまりの休息」も同じイッティー(一番星)が販売元です

 

遠赤外線素材「光電子」を取り入れた温か高性能掛布団です!

 

商品の特徴

  • 遠赤外線素材「光電子」で温かさ抜群!
  • 「空気で温かさをつかまえる」特殊繊維使用
  • 熱を外に逃がさない構造
  • アレルギーに強い!高機能ポリエステル素材!
  • 寝返りしても布団がズレにくいボディフィットキルト構造!
  • 日本製
「陽だまりの休息」掛けふとんはアレルギー対策バッチリ、遠赤外線素材を使ってるから暖かいって事だね!

 

 

「陽だまりの休息」掛け布団の詳しくは、「使用感や口コミを解説」の記事にまとめてあります
参考にしてください

 

「雲のやすらぎ」「陽だまりの休息」セット価格について

敷き布団と掛け布団をセットで揃えるとお得感があるよね

 

何でもそうですが、セット価格は値引きが入るのでお得です

 

「雲のやすらぎ」「陽だまりの休息」のセット税込価格は・・・

 

サイズ 割引価格 掛け+敷き 通常合計価格 値引き額
シングル 62,700円 29,800+39,800 69,600円 6,900円
セミダブル 71,640円 29,800+49,800 79,600円 7,960円
ダブル 80,600円 29,800+59,800 89,600円 9,000円

 

 

画像クリックで一番星「陽だまりの休息」掛けふとんへジャンプ↓

アレルギーに強い掛け布団↓


 

高級羽毛ふとん

 

自分史上、最高の眠りを。【和雲】

 

高級羽毛布団「和雲」の特徴

 

  • 清浄度2000mm(業界基準の4倍)の匂わない羽毛布団
  • 5サイズ(S~K)で3種類(冬用、春秋用、夏用)の15種類から選べます
  • 日本羽毛製品協同組合発行のプレミアムゴールドラベル付き
  • 60日間トライアル制度あり(もしも合わない場合返品、返金できる)

 

「和雲」の羽毛掛ふとんは品質の確かな本物の羽毛を使用しています

「日本国内で羽毛の洗浄・精製を行っている」為、安心です

 

高級羽毛ふとんで眠りたい方は、純日本製羽毛布団【和雲】へジャンプ↓




カテゴリ:掛け布団  [コメント:0]

マットレスの低反発と高反発、どっちが良い?その特徴の違いを知って合うものを選びましょう

比較

低反発とか高反発とか、敷きふとんや枕にはそんな文字が書かれています

 

低反発と高反発はどう違うのか?
健康にはどちらが良いのでしょうか?

 

眠り

 

低反発高反発の特徴についてレビュー

 

 

低反発の良い点とは?

低反発は柔らかくて寝心地がいいんだよね

 

低反発マットレスの良い点とは?

 

低反発のマットレスに寝てみると、まず感じることは柔らかい、フワフワ感
柔らかく体にフィットするので寝心地の良さを感じます

 

手で押してみると解りますが、低反発マットレスはじわっと沈み込み、ゆっくりと戻ってきます

 

疲れた時に低反発マットレスに寝ると、柔らかさに包まれた感じがして、なぜかホッとして癒されます

この寝心地の良さが低反発マットレスの持つ一番の良い点です

 

高反発マットレスの良い点とは?

高反発は強い反発力で体圧を跳ね返すから腰に負担が掛からないんだよね

 

高反発マットレスは、低反発マットレスより反発力が強いものです

強い反発力があるので、寝たときに体が沈み込まず、跳ね返してくれます

この反発力の強さが高反発マットレスの特徴です

 

寝た時に体重が一番かかるのは腰と肩
腰と肩に1点集中で負担を与えると血行が悪くなり、腰痛や肩こりの原因にもなります

 

高反発マットレスは体圧を分散してくれるだけでなく、沈みこまないので寝返りも打ちやすい

体への負担を軽くするので、腰痛対策に一役かってくれる点・が高反発マットレスの一番の良い点です

 

腰痛や肩コリに困っておられる方にとって高反発は良いものです
体への負担が軽減されるのでスポーツ選手など体のケアに気を配る必要のある方にも愛用者が多い訳です

 

 

低反発マットレスの悪い点

低反発は腰が沈み飲む傾向があるから腰痛の人にとっては難儀よね

 

何事もメリットがあればデメリットがあります

 

低反発の悪い点は、そのメリットでもある柔らかさのために肩こりや腰痛の原因になってしまう可能性があることです

 

低反発は、反発力が高反発の比べて弱く、柔らかいので体が沈み込む傾向にあります
体が沈み込むと、寝返りをする際に腰にいらぬ力が入ってしまいます

 

寝心地は良いと言うものの腰や肩に負荷がかかる点が、低反発の悪い点です

 

 

高反発マットレスの悪い点

高反発には高反発のデメリットがあるのよね

 

高反発マットレスにも悪い点は何点かあります
腰痛対策に一役かうほどの高反発マットレスなので独自のデメリットもあります

 

  • 反発力が強いので寝心地がよくない
  • 分厚いので取り扱いがしにくい
  • 場所を取るので部屋が狭く感じる
  • 価格が低反発より高い

高反発は低反発に比べてフカフカ感が無い為、寝心地が悪いと感じる方もおられます

 

また体圧分散機能を徹底して、腰痛対策を講じている品が多い高反発マットレス
腰の為にいい機能をつけていくと、どうしても分厚くなります

 

体圧分散機能をつけて分厚くなったマットレスはその分価格が高くなります

また分厚いので取り扱いにくい、場所を取る点も高反発マットレスのデメリットです

 

健康には良い高反発ですが、価格が高い上げ下ろしなどの際に扱いにくい価格が高い点は悪い所と言えます

 

 

低反発をおすすめの方はどんな方?

良い口コミ

 

低反発マットレスは薄目で柔らかく、体にフィットする特徴があります

低反発をおすすめする方は、柔らかい布団で癒されて眠りたい、寝心地の良さを求める方

逆に腰痛の不安がある方には不向きな低反発マットレスです

 

低反発は主にトッパーとして使うものが主流です
トッパーなので今使っている布団屋マットレスの上に敷いて使う方法がおすすめです

 

薄めなので反発力は付いてはいますが、寝心地の良さの方を優先しています

価格は高反発の分厚いものより1/2~1/5で済み、安くお手軽です

 

薄い分、かさばらず、場所を取らず、軽いので扱いやすい

費用を抑えながら寝心地を良くしたい方におすすめできるのが低反発マットレスです

 

 

低反発マットレスは何がある?

ウレタン仕様はダニを寄せ付けない

 

低反発マットレスでオススメは「オクタスプリング」か「トゥルースリーパー」です
両者共、人気のある低反発マットレス

 

素材は共にウレタン、価格も同じようなものです

 

ただオクタスプリングは特許をとった独自のウレタンスプリングを使用
体圧分散、通気性の良さを実現している点は強みです

 

 

オクタスプリングの商品概要

↓画像クリックで「オクタスプリング」公式販売店へジャンプ


 

  • 低反発と高反発のいいとこ取り
  • 通気性と弾力性が抜群
  • 耐久性が抜群
  • 他社では真似できない独自のスプリング構造
  • 初めからカバーがついてくる

枕も販売(オクタスプリングピローという名前)

 

 

トゥルースリーパーの商品概要

↓画像クリックでショップジャパン「トゥルースリーパー」へジャンプ


  • 低反発素材 100%使用項目
  • 低反発で腰や肩にかかる体圧を分散
  • 背骨をまっすぐに、無理のない睡眠姿勢をキープ
  • 初めから内カバーがついてくる
  • 数種類の枕も販売(セブンスピローなら14,800円(税抜))

 

トゥルースリーパーは直営店を全国で3店舗ですが持っています
取扱店も全国にあり、イベントに参加もしていますので実物を確かめる機会があります

 

私も布団祭りのイベントに行って寝てみました
確かにマットレスは柔らかいという感想を持ちました

 

 

枕「セブンスピロー」は大きく安定感があってなかなか良いと思いました↓


 

オクタスプリングとトゥルースリーパープレミアム比較表

 

 

オクタスプリングとトゥルースリーパープレミアムの概要を
わかりやすく表にまとめて、比較します

 

 

商品名      オクタスプリング トゥルースリーパープレミアム
販売メーカー     ヤーマン ショップジャパン
商品ジャンル マットレス (高反発と低反発の中間)  マットレス(低反発
厚さ     7cm 5cm
サイズ(シングル)      97×193(cm) 97×195(cm)
サイズ(セミダブル)      120×193(cm) 120×195(cm)
サイズ(ダブル)      140×193(cm) 140×195(cm)
サイズ(クイーン)      なし 160×195(cm)
重さ(シングル)         5.3㎏ 4.6㎏
重さ(セミダブル)        5.9㎏ 5.6㎏
重さ(ダブル)           6.7㎏ 6.6㎏
重さ(クィーン)          無し 7.6㎏
素材     ウレタンフォーム ウレタンフォーム
タイプ       低反発と高反発のいいとこ取り 低反発
カバー      ポリエステル100% ポリエステル100%
通気性      良い(ハニカム構造) 悪い(蒸れやすい)
耐久(圧縮)テスト       6万回 20万回
売ってるお店       通販サイト 通販サイト+直営店(全国3箇所)他
価格(税抜き)シングル       19,800円 22,800円
価格(税抜き)セミダブル       24,800円 24,600円
価格(税抜き)ダブル         29,800円 26,800円
価格(税抜き)クィーン           無し 28,800円
送料             無料 無料
返金保証 60日間 60日間
用途     腰痛対策、快眠 腰痛対策、寝心地
枕(税抜)         9,000円+送料660円 6,980円+送料900円~複数種類アリ
特許           有り 5564638号 無し

 

  • 通気性の良さも重視するならオクタスプリングがおすすめです
  • 柔らかさとクィーンサイズが必要な方ならトゥルースリーパーです

 

高反発をおすすめの方はどんな方?

もう1枚足す

 

高反発をおすすめする方は、腰痛肩コリの傾向がある方

腰や肩に不安がある場合は高反発マットレスがおすすめです

強い力で押し返す高反発は、腰と肩に集中する体圧を分散してくれるので負担がかからない

 

反発力があるので、沈みこまない体制で寝ているわけで寝返りが打ちやすい

 

 

高反発マットレスは何がある?

見える

 

高反発マットレスで人気があり、品質が良いものは「モットン」か「雲のやすらぎ」です

両方とも腰痛対策に特化した敷きマットレスです

 

 

 

モットンの商品概要

↓画像クリックで「モットン」公式販売店へジャンプ


モットンが他の敷きマットレスと違うところ、特に秀でているところは・・・

 

  • 腰に負担をかけない
    (体圧を分散、自然な寝返りをサポートする反発力がある)
  • ダニや虫、ホコリの心配がない
  • 硬さを3種類から選べる

 

 

モットンマットレスの素材はウレタンフォームを使っています
ウレタンは最近の敷布団素材の主流です

 

ウレタンフォームには防菌加工、防ダニ加工が施しやすいのに加え、素材の特性上、綿ボコリが発生しない
その結果、アレルギー体質の方から多くの支持を受けています

 

  • 8万回の耐久試験に耐えるほどに耐久性に優れている
  • 通気性が良く、蒸れにくい
  • 寝心地が良い
  • アフターサービスが行き届いている
  • 体重によって硬さを選べる
  • 日本製だから安心

 

雲のやすらぎの商品概要

↓画像クリックで「雲のやすらぎ」公式販売店へジャンプ


「雲のやすらぎ」敷布団が他社製品と比べて優れている点は・・・

寝心地の良さと腰痛の方を意識して開発された敷ふとんであることです

 

「雲のやすらぎ」なら寝心地の良さと腰痛対策の両方の希望に沿える・・・という事です

雲のやすらぎは17cmの5層構造で厚みを持たせ、腰に負担をかけない様に、寝心地を良くする様に工夫しています

 

  • 日本製なので安心
  • 顧客満足度98%
  • 厚さが17cmあるので1枚だけで使える
  • 使用者による口コミの評判はとても良い
  • 腰痛対策に特化した独自の構造を持っている
  • 雲の上に寝ているような寝心地の良さ

 

モットンvs雲のやすらぎ

比較

 

モットンと雲のやすらぎを比べた表を見てみましょう!

 

 

 

項目 モットン 雲のやすらぎ
厚み 10㎝ 17cm
大きさと重さ・シングル 195×97cm・7.5kg 200×100cm・7kg
大きさ重さ・セミダブル 195×120cm・9.0kg 200×120cm・8.4kg
大きさ重さ・ダブル 195×140cm・10.7kg 200×140cm・9.8kg
素材 全部がウレタンフォーム

1層目 ポリエステル

2層目 凹凸ウレタン素材

3層目 高反発ウレタン素

4層目 凹凸ウレタン素材

5層目 フランス産ロレーヌ地方ダウン種羊毛

寝心地 硬さは3種類から選べるが硬いと感じる人もいる 雲の上で寝ているような感覚
シングル税込価格  39,800円 39,800円
セミダブル税込価格 49,800円 49,800円
ダブル税込価格 59,800円 59,800円
返金保証 60日間返金保証 100日間返金保証
反発力 高反発(140N・170N・280N 高反発(150N
耐久性 10年・ 8万回の圧縮テストに耐えられた(復元率96.0%) 10年・ 8万回の圧縮テストに耐えられた(復元率99.9%)
産地 生産場所は中国・日本でチェック 日本
お手入れ方法 マットを部屋に立て掛けて陰干し マットを部屋に立て掛けて陰干し
畳めるか  付いてくるバンドでとめて3つ折りに畳める 市販のゴムなどで止めなくては折り曲げられない
販売店 ㈱グリボー (ブランド名はモットンジャパン) ㈱イッティ(ネット名は一番星)

 

モットンは3種類から硬さを選べますが、固めだと感じるという口コミが見受けられます
雲のやすらぎは寝心地の良さにも力を入れているため、固いと感じる口コミはまず、ありません

 

両方とも高反発なので腰痛対策に特化したマットレス(敷き布団)であることは共通しています

 

雲のやすらぎをオススメする方

まるで雲の上で寝ているような寝心地が良い布団がよい方

見栄えがする布団の方がよい方

 

モットンをオススメする方

布団はやや硬い方が好ましいとお考えの方

 

どちらの布団も、人気のある敷きふとん(マットレス)です

選ぶ目安は、固めが良い方はモットン、柔らかめで寝心地の良さも必要なら雲のやすらぎと言えるでしょう

 

 

雲のやすらぎの掛けふとん

 

雲のやすらぎの掛けふとんは、アレルギーの方を念頭に置いて作られたものです
喘息やアトピーなどの方におすすめの掛ふとんです、ご参考に↓


カテゴリ:布団の話  [コメント:0]

トッパーとは何のことなのでしょうか?敷きパットと同じもの?役割は何?

トッパーとは何のことなのでしょうか?
敷きパットなら馴染みがあるのですが、トッパーってあまり知れ渡っていません

 

敷きパットとトッパーはどこが、どう違うのか?
トッパーってどういう時に使うものなのか?レビュー

 

 

トッパーとは何のこと?

 

トゥルスリーパープレミアム

 

トッパーとは、今使っているマットレスや敷き布団の上に敷く薄め(5cm前後)のマットレスのことです

 

どんなときに使うかというと、今寝ているマットレスや布団がへたり初めて来て、寝心地の悪さを感じた時

 

あまり大きな凹みが生じているマットレスの上に敷いても効果は薄いですが、少々のヘタリならこれで大丈夫
トッパーを敷くことで、寝心地の悪さを改善できます

 

大きな凹みがある場合はタオルなどで凹み部分をまず補正して、その上にトッパーを敷く方が成果が上がります

 

 

トッパーのメリット

 

良い点

 

ではトッパーを入れるメリットは何なのでしょうか?

 

寝心地の良さを取り戻すためにトッパーを敷くのですが・・・

1枚物の10cm~23cmほどの厚みのあるマットレスと比べてトッパーならではのメリットがあります

 

1・価格が安い

 

価格が1枚物の布団やマットレスを買い換えるより数段、安くつく(1/2~1/5で済む)

 

トッパーなら2万円弱で良いものが購入できますが、1枚で使うマットレスなら5万~10万円します

 

2・今使っている布団寿命を数年伸ばせる

 

今使っている布団やマットレスを、後、数年引き続き使えるところもメリットです

 

今使っているマットレスを捨てるにはまだ早い、まだ使えそう・・・

でも、最初の時と比べて寝心地が悪くなってきたと感じる場合、トッパーが役立ちます

 

3・持ち運び、収納が便利

 

5cmほどの厚みなので持ち運びや収納の際は、軽くて楽

か弱い(?)女性でも軽いので楽に扱えます

 

トッパーはよくあるウレタン製のもので5kgほどです

 

4・部屋が広く使える

 

部屋数が何室もあるお家は分厚いマットレスを置いておいても気になりません

 

しかしマンションなどで部屋数が限られている場合は分厚いマットレスだとかさ張り部屋が狭くなってしまいます

 

トッパーなら収納しやすい、移動させやすい為、部屋が広く使えます

 

トッパーは価格が安いうえに、かさばらず軽いので取り扱いが楽
何より今のマットレスの上に敷くだけなのでお手軽です

 

 

トッパーをおすすめできる方

良い口コミ

 

トッパーをおすすめできる方は、どんな方?

 

今使っている布団やマットレスのヘタリ具合から考えて、まだ使えそうで

尚且つ、今回は価格を抑えて寝心地を改善したい方に適していると言えます

 

 

トッパーが不適切な方

 

悪い口コミ

今、現在腰痛に困っている方にはもっと違うタイプのマットレスが良いと言えます

 

トッパーは5cmほどの厚みしかありません

 

それ故に、肩コリ、腰痛に今、現在困っておられて、マットレスで改善を望まれる方
その場合、トッパーでは不十分です

 

もっと厚みを持たせ、いろんな構造を備えたマットレスが良い
腰痛に特化したマットレス「雲のやすらぎ」や「モットン」の方が良いです

 

腰痛対策に特化したマットレスは腰痛に関して特別な構造、仕組みを持たせています
それを備えると少なくとも10cm以上の厚みになってしまいます

 

5cmしかないトッパーでは腰に負担をかけないように反発力を持たせてはいますが
腰痛に今お悩みの方には本格的な分厚い、高反発布団をおすすめします

 

トッパーはお手軽ですが、腰痛にお悩みの方が満足できるだけの改善を見込めない可能性があります

 

腰痛の方の寝具は、腰痛に特化した分厚いマットレスの方が適切です

 

 

腰痛に特化した「雲のやすらぎ」は厚み17cmの高反発敷布団(マットレス)です↓


 

 

同じく腰痛に特化したマットレスでは「モットン」(厚み10cmの高反発)があります↓


 

雲のやすらぎとモットンの比較記事もご参考に↓

 

 

トッパーの役わり

寝る

 

トッパーの役割は、お手軽に安く寝心地をよくすることにあります

 

今使っている布団やマットレスがヘタリだし、硬くなってフカフカ感が無くなった場合には良いものです

トッパーをもう1枚足すことで、もう2~3年ほど寝心地の良さを実感できます

 

 

良いトッパーとはどんなもの?

内容の良いトッパーの条件とは?どんなものなの?

 

  • 適度な反発力を備えている
  • 適度な弾力性を持っている
  • 通気性が良い

適度な反発力

 

普通なら重い腰と肩に集中してかかる体圧
それを跳ね返す為に反発力が備わっているものが好ましい

 

跳ね返す力が備わっていると1点に集中してかかる体圧が軽減し寝返りも楽にできます
それは快適な寝心地につながります

 

弾力性

 

布団やマットレスは徐々に弾力性がなくなりペタンとなって寝心地が悪くなります

元々ペタンとなって弾力性の無くなったマットレスの上に敷くトッパーなので、適度な弾力性がないと満足感が損なわれます

 

寝心地の良さを求めるならトッパーは、やや柔らかめの低反発のものの方が適していると言われています
高反発の硬いトッパーだとフカフカ感を感じられません

 

通気性

 

トッパーに限らず布団やマットレスはどんなものでも通気性の良さは必要です

 

通気性が悪いと内部に湿気を溜め込むことになり、ダニカビが発生します
耐久性の面でも通気性が悪いとヘタリが早くなります

 

夏場は特に湿気を溜めて蒸れた布団は、快適に寝られません

 

トッパーと敷きパットは目的が違う

相違点

 

トッパーと敷きパットはよく似ているもののような印象を持ちますが、目的が全く違うものです

 

  • トッパーは寝心地を良くする目的で布団やマットレスの上に敷くもの
  • 敷きパットは布団やマットレスの汚れを防ぐ為、また温度調節、汗を吸い取る目的で使用します

 

目的が違うので厚みも違います

洗濯が出来るかどうか?も違います

 

  • トッパーは5cmほどの厚みがあるのに対して、敷きパットは2cm以下で薄く仕上げています
  • トッパーは洗濯できないものがほとんどですが、敷きパットは洗濯出来ます

 

 

敷きパットの特徴

↓こちらはAmazonの冬用敷きパット

【Amazon.co.jp 限定】クモリ(Kumori) 敷きパッド あったか 極暖系 フランネル マイクロファイバー ベッドパッド 洗える 敷き毛布 抗菌防臭防ダニ加工 丸洗いOK 秋冬 毛布パッド シーツ ベッド/マットレスパッド 敷パッド (シングル・100X200cm グレー)

新品価格
¥2,980から
(2020/11/16 22:56時点)

 

 

敷きパッドは、冷感加工温感加工が施されています

夏は冷感加工がされているもの、冬は温感加工がされているものを選んで布団の上に敷きます

 

お肌に直に触れるので汗を吸い込む吸湿性を備えているという特徴もあります

 

敷きパットは布団やマットレスを汚さないために使用しますが
汗を吸い取ることや季節にふさわしい体感温度を維持しする為の役割も果たしています

 

 

敷きパットとよく似ているベッドパット

ベッドパットって敷きパットと同じものなの?

 

敷きパットとベッドパットも似ているけれど違うものです

共にマットレスの汚れ予防の役割がありますが・・・

 

  • 敷きパットは体温調節に適している
  • ベッドパットはクッション性に適している

ベッドパッドとは、綿を詰めてキルティング加工したパッドのこと

一番分厚いものでも2cm程度と、薄く仕上げられているのが特徴です

 

寝心地の善し悪しには関係なく主に汚れ防止の為に使用します

反発力や弾力性は無いものです

ベッドで寝ておられる方は、マットレスの上にベッドパット
そのまた上に敷きパットを使われる方もおられます

 

クッション性を上げて、尚且つ、体感温度も快適にしたい方は両方使われると良いですね

しかし反発機能があって弾力性があるトッパーのように寝心地を良くする訳ではありません

 

 

まとめ

 

 

トッパーとは今使っている布団やマットレスの寝心地が悪くなったと感じたら、上に敷いて寝心地をよくする為に使うもの

 

布団が固くなった、フカフカ感が無くなった場合に利用すると良いものです

 

そして寝心地をよくするために、体圧反発力、弾力性、通気性の良いトッパーを選ぶことが大切です

 

それに対して敷きパットは、布団やマットレスの汚れ防止の為に使うもの

合わせて快適な体感温度、汗を吸収するメリットも付いています

 

敷きパットはフカフカした寝心地の良さや布団のヘタリ具合は関係ないということです

 

トッパーと敷きパットは用途が違うものなのですね

 

おすすめのトッパー「オクタスプリング」

マットレスの持ち運び

オクタスプリングは軽い↑

 

トッパーは様々なものがあります
内容の良さで選ぶなら「オクタスプリング」

 

オクタスプリングは良いトッパーの要素全部備えている点でおすすめのトッパーです

 

 

オクタスプリングの良い点

 

まるで無重力の快眠マットレス

 

オクタスプリングの良い点は・・・

 

  • 首、肩、腰に優しい
  • 蒸れない
  • 硬すぎず適度な柔らかさとフィット感で寝心地が良い
  • 通気性が良いのでダニや菌が繁殖しない

 

特許を取得済みの「ウレタンスプリング」

オクタスプリングが特許を取った「ウレタンスプリング」はウレタン素材を加工したスプリング

 

このスプリングは縦、横、斜めのどんな角度からの体圧でも反応して反発するんです

どんな人がどんな寝方をしたとしてもウレタンスプリングが跳ね返してくれる訳です

 

通気性が良い

ウレタンでできたスプリングは、蜂の巣を再現した「ハニカム構造」をとっています

蜂の巣の様に穴があいている六角形のウレタンの集団・・・

 

穴があいているウレタンは上から下へと空気が通りやすい
通気性の良さはダニやカビを寄せ付けません

 

 

かさばらない、持ち運びが楽

オクタスプリングのスプリングは金属製でなくウレタンで出来ているので軽いです

オクタスプリングのシングルではわずか5.3㎏

 

低反発と高反発の利点を同時に再現

オクタスプリングは高反発と低反発の持つ利点を両方再現した中間タイプの「ハイブリット反発」

 

低反発の柔らかさフィット感を持ちつつ、程よい反発力で体をしっかり支えます

 

 

オクタスプリング公式販売店

オクタスプリングのハイブリッド反発

 

オクタスプリングは一般の実店舗では売られていない、通販限定の商品です

 

通販限定なのでAmazon、楽天、yahooにも取り扱いが有り、価格は公式販売店と同じです

 

しかし60日間の返金保証が付いているのは公式販売店のみです
返金保証は、商品を実際使ってみたものの「合わない」「満足できない」場合に役立ちます

 

注文後60日以内に電話をして申請すれば返品、返金できます
もしも思っていたような寝心地が得られない場合に安心です

 

 

画像クリックで公式販売店「オクタスプリング」へジャンプ↓



布団が固くなってきて背中が痛い、最初はもっと気持ちよく寝られたのに寝心地が悪くなってきた場合の対策はどうする?

ママ笑顔

毎日、長時間使う布団は、どんなに良い素材でも、使っているうちに、どうしてもヘタって来ます

汚れが付く場合も然りですが、フカフカ感がなくなり、ペタンとせんべい布団のようになってきます

 

毎夜、せんべい布団状態で寝ていると、腰や背中が痛くなり困りものです

でも、せっかく買った敷布団、もう何年間かは使いたいです

 

オクタスプリングの使い方

 

何か、goodなアイデアはないのでしょうか?

今の布団を使い続けつつ、フカフカ感を取り戻して寝心地を取り戻したい

 

そんな願いに叶う方法対策について考えます

もう1枚足す

 

敷ふとんの中綿の種類はさまざま

 

敷ふとんに使われている中綿には様々な種類のものが存在します

 

敷ふとんの素材で多く使われているのはどんな中綿?
中綿によって耐久年数が変わってくるって事あるのでしょうか?

 

敷ふとんに使われる素材はなにが多い?

 

乾燥

木綿は天日干しが欠かせない↑

 

 敷布団によく使われている素材といえば・・・

木綿、羊毛、ウレタン、ポリエステルと言ったところです

 

それぞれの素材は一長一短の良い点と悪い点を持ち合わせています

 

 

素材 良い点 悪い点
木綿

吸湿性

保温性

打ち直しが出来る

重い

放湿性が悪いので頻繁に天日干しが必要

羊毛

吸湿性

保温性

放湿性

軽い

弾力性が悪い

へたり具合が目立つ

ダニが寄り付きやすい

ウレタン

高反発、低反発に加工できる

ダニが寄りつきにくい

放湿性が悪く蒸れやすい

洗濯不可

ポリエステル

価格が安い

防ダニ抗菌加工しやすい

洗濯が可能

吸湿性が悪い

保温性がイマイチ

 

 

 

木綿は汗をよく吸ってくれて吸湿性が良い価格もお手頃なので優秀な敷布団素材ですが、

放湿性がとても悪い お勤めが休みの日には天日干しが欠かせません

 

現代のように夫婦ともに働く時代では、天日干しで湿気を飛ばさなくてはいけない木綿は考えものです

 

羊毛は、吸湿性・保温性・放湿性は良いものの・・・

寿命は3~7年とされていて長いのにヘタリ具合が気になりやすいところが欠点です

 

羊毛は湿気と乾燥を繰り返すことでだんだん収縮していきます

木綿と違う点は、天日干ししても復活しないこと

 

羊毛には人の髪の毛と同じようなキューティクルがあり、一旦絡まりあった繊維は簡単には解けません

天日干しなどでは復活しないので、縮んでペタンとなってヘタると見た目も気になります

 

そこで、現代人の生活様式に沿うように、考えられたのが化学繊維のウレタンやポリエステルという訳です

 

ウレタンやポリエステル素材は

高反発、低反発力をつけられる

防ダニ、抗菌加工がしやすい

加工が施しやすいため、近年は布団素材として重宝され、人気があります

 

 

天日干しはウレタンの場合、紫外線に弱いので、避けるべき、日陰干しで対応します

部屋の風通しのよい場所に立てかけさせるだけで湿気持ちません

 

天日干しはできない

ウレタン素材は天日干しできない↑

 

 

 

素材別(敷布団)の耐久年数

布団の素材により耐久年数は違うのかしら?
そりゃあ違いはあるよ!1年違うと365日・・・だから大きいよね

 

素材 耐久年数(敷きの場合)
木綿 3~5年で打ち直す
羊毛 3~7年で買い替え
ウレタン 3~5年で買い替え
ポリエステル 3年で買い替え

 

どんな素材も、3~5年ほどすればヘタリが出て来ることは免れません

 

ポリエステルは価格が安いものの耐久性が悪いという点が欠点です

 

 

布団がヘタるとは?

 

布団がヘタるとは?どんな状態を言うの?

 

布団は、毎日、少しずつ、気づかないうちに弾力がなくなり固くなり寝心地が悪くなっていきます

 

弾力がなくなるので・・・(体圧分散機能が落ちる)

 

体圧を分散してくれないと腰や肩に負担がかかり、腰痛、肩コリの元になります

 

徐々に湿気がたまってくる・・・(布団が固くなる)

 

湿気を含んで固くなった布団は、内部の繊維まで押し固まっているので保温性が悪くなります

 

上記の様にヘタると、当然ですが寝心地が悪くなります

 

やや古くなった、でもまだまだ捨てるには早すぎるふとんやマットレス

それでも、なんとか寝心地をよくさせたいと思う場合に使うと良いのがトッパーです

 

 

トッパーとは?

ベッドにオクタスプリングを使う

ベッドマットレスの上にもう1枚トッパーを足す↑

 

トッパータイプのマットレスは最近、人気が上がってきて需要が増えつつある敷マットレスです

 

今ある敷ふとんやマットレスの上に重ねて敷くことで、寝心地を良くする、5cmほどの厚みのマットレス

 

トッパーは、便利、お手入れが楽、価格が安い、軽いし薄めなので扱いやすい、

現代人の生活に適合したものです

それ故に、人気が出てきているという訳です

 

 

トッパーのメリット

 

良い点

 

トッパーのメリットは、一言で表すとお手軽に寝心地をよく出来ることと言えます

 

1枚物のマットレスと比べてのメリット
  • 20,000円ほどの価格で寝心地がグッと良くなる(1枚ものは50,000円以上)
  • 軽く扱いやすい
  • ウレタン素材のトッパーだと天日干しをしなくて良い(お手入れが楽
  • 場を取らない、かさばらない(部屋を広く使える

 

  • 部屋は広く使いたい
  • 布団を外に干す場所がない
  • 共働きで、天日干しを頻繁にできない
  • 価格は、なるべく抑えたい

 

そんな現代人の希望に添えるのがトッパーの良いところです

今、使っている敷布団や敷マットレスの上に敷くだけで、寝心地が良くなるのですからお手軽です

 

 

現代人の生活にピッタリマッチしたトッパー

トッパーって価格が抑えられるし、場を取らないし、忙しい私は助かるって訳ね

考えても見てください

 

昔ながらの木綿の敷布団だと頻繁に天日干しが必要です

お勤めに出ている身には、結構な負担です

 

1枚物の10~25cmの厚みのマットレスが部屋にドデンとあったら・・・どうでしょう

想像しただけでも、かさばり、部屋が狭く感じます

 

友達が来たとき、かさ高いマットレスを移動させるのもヨイショという感じです

 

1枚物のマットレスは5万円~10万円の費用がかかるので家計の負担も増えるというもの

トッパータイプのマットレスなら2万円で済むのです

 

お手入れが楽、価格が抑えられる、部屋を広く使える点で現代人には、トッパーは都合が良い訳です

 

 

良いトッパーとは

トッパーを選ぶ際のチェックポイントは何なの?

 

トッパーは寝心地をよくする為のマットレスです

ですので、その条件を満たすだけの機能が付いているものが望ましい!

 

良いトッパーの条件
  • 体圧を分散してくれる機能(体圧分散機能は腰と肩への負担を減らす
  • 腰が沈み込みすぎず寝返りが楽にできる(寝返りが、し易いと体への負担が少ない)
  • 通気性が良い(どんな布団でも通気性の良さは欠かせません)(ダニ対策と布団を長持ちさせる効果がある)
  • 価格が抑えられる(1枚物のマットレスは価格が高い)
  • ヘタリにくい(なるべく長く使う為)

 

上記の条件に沿っているトッパーを選ぶことが、寝心地の良さにつながります

 

トッパータイプで優秀な機能を備えているのはヤーマン㈱が開発販売している「オクタスプリング」

イタリアの5つ星ホテルの全室、日本の高級温泉旅館などでも採用されているトッパーです

 

 

オクタスプリング、どんなトッパー?

 

オクタスプリングってどんなマットレスなの?
CMなどで宣伝はしていないけれど、世界規模で人気のあるマットレスなんだ!

特長を見てみましょう・・・

 

特許を取得済みの「ウレタンスプリング」

 

オクタスプリングが特許を取った「ウレタンスプリング」はウレタン素材を加工したスプリング

どこが優秀なのかと言うと、このスプリングは縦、横、斜めのどんな角度からの体圧でも反応して反発する

 

どんな人がどんな寝方をしたとしてもウレタンスプリングが跳ね返してくれる

普通なら腰と肩に集中してかかる体圧をまんべんなく跳ね返すので体への負担が軽くなり安眠できます

 

通気性の良さを実現

 

ウレタンでできたスプリングは、蜂の巣を再現した「ハニカム構造」をとっています

蜂の巣の様に穴があいている六角形のウレタンの集団・・・

 

穴があいているウレタンは上から下へと空気が通りやすい

寝返りを打つたびに湿気を空気とともに逃がします

 

この穴があいている構造は

ムレにくい、ダニが住み着きにくい、湿気を飛ばす役割を果たします

 

それは寝心地の良さにつながるだけでなく、耐久性の良さにも一役かっていることになります

湿気が溜まる通気性の悪いマットレスはヘタリが早いのですが、オクタスプリングは通気性抜群なので大丈夫

 

かさばらない、持ち運びが楽

 

オクタスプリングのスプリングはウレタンで出来ています

普通なら金属でできているスプリングですが、ウレタンでできたスプリングは軽いです

 

オクタスプリングのシングルではわずか5.3㎏

軽いので持ち運び、収納が女性でも楽に出来るので助かります

 

低反発と高反発の利点を同時に再現

 

マットレスや布団の仕様には低反発と書かれているものと高反発と書かれているものがあります

 

1枚で使用する分厚い、腰痛対策に特化したマットレスは高反発がほとんどです

強い力で耐圧を跳ね返す高反発マットレスには「雲のやすらぎ」や「モットン」などがあります

 

それに対して、寝心地の良さを求めるトッパーは低反発のものが多い・・・

例えば「トゥルースリーパー」は低反発のトッパータイプです

 

オクタスプリングはその高反発と低反発の持つ利点を両方再現した中間タイプで「ハイブリット反発」(新技術)

低反発の柔らかさ・フィット感を実現しながら、程よい反発力で体をしっかり支え、ヘタリにくい耐久性を実現したものです

 

高反発と低反発のいいとこ取り「ハイブリット反発」仕様のマットレスには他には「コアラマットレス」があります

 

ご参考までに コアラマットレスは、今ベットを使っている方はその上のマットレスだけを交換すれば良いのですが・・・

厚みが23cm有り、価格はシングルで72,000円(税込)です

ちなみにオクタスプリングは7cmの厚み、21,780円(税込)

 

コアラマットレスは価格が高いだけあって内容は良い、1枚で使うタイプのマットレスです↓

 

 

 

オクタスプリング商品概要

 

オクタスプリングの効果2

オクタスプリングの効果↑

 

オクタスプリング商品概要表です

 

<商品概要> オクタスプリング

サイズ・シングル 7 × 97 × 193 (cm)
サイズ・セミダブル 7 × 120 × 193 (cm)
サイズ・ダブル 7 × 140 × 193 (cm)
材質 ウレタンフォーム
外装生地 ポリエステル100%
特許番号 ハニカム構造のウレタンスプリング 5564638号
反発力 高反発と低反発の中間

 

 

オクタスプリングの特長は↓

  • 首、肩、腰に優しい
  • 蒸れない
  • 硬すぎず適度な柔らかさとフィット感で寝心地が良い
  • ダニや菌が繁殖しない

 

寝心地の良さを追求して研究、工夫しているだけあって、他にはない

内容の良さが感じられます

 

 

他社のトッパータイプと比較

オクタスプリングとトゥルースリーパーは共にトッパータイプだから比べてみたんだ・・・

 

トッパータイプのマットレスは、他に有名な所でショップジャパンのトゥルスリーパーがあります

 

以下にオクタスプリングとトゥルースリーパープレミアムの概要を わかりやすく表にまとめて、比較しました

 

商品名      オクタスプリング トゥルースリーパープレミアム
販売メーカー     ヤーマン ショップジャパン
商品ジャンル マットレス (高反発と低反発の中間)  マットレス(低反発
厚さ     7cm 5cm
サイズ(シングル)      97×193(cm) 97×195(cm)
サイズ(セミダブル)      120×193(cm) 120×195(cm)
サイズ(ダブル)      140×193(cm) 140×195(cm)
サイズ(クイーン)      なし 160×195(cm)
重さ(シングル)         5.3㎏ 4.6㎏
重さ(セミダブル)        5.9㎏ 5.6㎏
重さ(ダブル)           6.7㎏ 6.6㎏
重さ(クィーン)          無し 7.6㎏
素材     ウレタンフォーム ウレタンフォーム
タイプ       低反発と高反発のいいとこ取り 低反発
カバー      ポリエステル100% ポリエステル100%
通気性      良い(ハニカム構造) 悪い(蒸れやすい)
耐久(圧縮)テスト       6万回 20万回
売ってるお店       通販サイト 通販サイト+直営店(全国3箇所)他
価格(税抜き)シングル       19,800円 22,800円
価格(税抜き)セミダブル       24,800円 24,600円
価格(税抜き)ダブル         29,800円 26,800円
価格(税抜き)クィーン           無し 28,800円
送料             無料 無料
返金保証 60日間 60日間
用途     腰痛対策、快眠 腰痛対策、寝心地
枕(税抜)         9,000円+送料660円 6,980円+送料900円~複数種類アリ
特許           有り 5564638号 無し

 

 

オクタスプリングとトゥルースリーパープレミアムの特徴を比較

特徴の違いを見てみよう・・・

 

オクタスプリング トゥルースリーパー
・低反発と高反発の中間
通気性弾力性抜群
耐久性が抜群
・他社では真似できないスプリング構造
・腰や肩にかかる体圧を分散
・初めからカバーがついてくる
・枕も販売(オクタスプリングピローという名前)
低反発素材 100%使用
・低反発で腰や肩にかかる体圧を分散
・背骨をまっすぐに、無理のない睡眠姿勢をキープ
・初めから内カバーがついてくる
・数種類の枕も販売(セブンスピローなら14,800円(税抜))

 

 

トゥルースリーパーはショップジャパンが販売しています

CMを頻繁にしているため知名度が高いです

 

ショップジャパンのトゥルースリーパー、低反発一色なのでオクタスプリングより柔らかいトッパーです↓

 

 

オクタスプリングとトゥルースリーパーの違いはどこか?

 

2つともトッパーだけど違いはあるよね・・・

 

オクタスプリングとトゥルースリーパーは共に今使っている布団の上に敷くトッパータイプです

比べてみると違いがあることが解ります

 

工夫されている点でオクタスプリングの方をおすすめするよ!
特許をとっているだけあってオリジナルな良さがあるのよね

 

オクタスプリングの方に軍配を上げた理由は以下の2点

 

  • ムレない通気性の良さ(ウレタンの弱点、蒸れるを穴あき構造で解消している)
  • 程よい反発力フィット感(高反発と低反発のいいとこ取り)

 

 

低反発は蒸れやすいという弱点があります

その弱点を蜂の巣の形(強度抜群)にウレタンを加工して、空洞を作り克服しています

 

オクタスプリングは「低反発の体に優しくフィットする」と「高反発の体圧を跳ね返す」のいい面を残し

低反発素材のデメリットである「蒸れる」と高反発素材のデメリットである「硬い」なくしています

 

ただのウレタンではない、工夫を重ねたウレタンスプリングで特許を取り

マットレスにふさわしいウレタンに変身させている点はオクタスプリングの良い所です

 

「縦・横・ななめ」の動きへ自由自在に対応!

体の形状に合わせて、どんな体勢でもしっかりフィットします

 

適度な反発力が、腰、肩にかかる負担を軽減します

 

価格もシングルならオクタスプリングの方が3,000円(税抜)安い点もいいと思うよ

 

公式販売店は60日返金保証付き

 

↓画像クリックで「オクタスプリング」公式販売店へジャンプ

 

 

オクタスプリングはアマゾンや楽天、yahooにも取り扱いがあります

価格は公式販売店とみんな同じ

 

しかしAmazon、楽天、yahooには返金保証が付いていなのでご注意ください

返金保証が付いているのは、ここで紹介している公式販売店のみ

 

買ったものの、やっぱり合わなかった場合、60日以内なら返金保証を使って返品してください

公式販売店に電話で問い合わせたところ、故意に傷つけて切ったなどの以外は返金できるとのことです

 

そんな人はいないと思うけど、故意に汚す、傷つけるはやめてくださいね

 

注文日から60日以内に申請をするので、55日間程はお試し期間というわけです

普通に寝ていての汚れやヘタリは返金保証が効くそうです

 

返金保証の申請方法、返金条件等は下記の記事をご参考に↓

 

トッパー、オクタスプリングで効率よく寝心地の良さを堪能してください↓

まるで無重力の快眠マットレス、オクタスプリング

 

 


1 2 3 7
カテゴリー
人気のある記事
最近の投稿
最近のコメント

    ページの先頭へ