布団の何処に置けばいい?「ダニ捕りロボ」の使い方と使う理由を知って効果的な場所に設置しよう!

ダニの弱点

夏場はダニに要注意!
なぜって?夏はダニの繁殖期、活動期だからです

 

特に布団はダニが好む住処です
なぜって?布団にはフケや垢といったエサがたくさんある上に暖かく、湿り気もあり
ダニにとって好条件が揃っているからです

 

ダニは喘息や鼻炎の原因になる、噛まれたら、かゆいし傷跡が治りにくい
健康被害を受けないために退治しておく必要があります

 

 

アトピー、喘息はダニが原因かも

 

日革研究所(ダニの専門機関)が開発した「ダニ捕りロボ」
専門機関が研究開発したダニ退治マットなので効果安全性はピカイチ

 

そんなダニ捕りロボの使い方何処に置くと効果的なのか?をレビュー

 

 

夏場はダニの繁殖期

 

ダニの一生

ダニの一生↑

 

 

ダニは温度が25℃前後、湿度60%~80%の環境を好みます
なので日本では梅雨から夏場がダニが一番多く発生して、活発に活動する時期と言えます

 

ダニは繁殖スピードが早いです、あっという間に卵を産み、成虫に育ちます

生存期間は約60日~100日と言われていて、ふ化すると、1週間程度で「幼ダニ」になり10日で「若ダニ」になります

 

さらに脱皮をし「成ダニ」になり、約2ヶ月間の生存中に何度か産卵をします

夏場は、上記のサイクルでどんどん卵を産むのでダニが増え続けるという訳

 

  • ダニの発生と繁殖が盛んな時期⇒5~8月
  • ダニに刺される危険がある時期⇒7~9月
  • ダニアレルギーが起きる時期⇒8~10月

 

ダニの種類

 

チリダニ

チリダニ↑

 

今、よく話題に上がるマダニは屋外の草むらやヤブに生息しているダニです
外から持ち込まない限り、家の中にマダニはいないと考えられます

 

しかし犬の散歩に行く際、野外レジャーの際などは草むらやヤブを避けて、マダニを持ち帰らないように注意が必要です
もしマダニが人に取り付くと重篤な病気を引き起こすため、そのまま病院へ直行しなくては危険です

 

マダニは屋外に生息するダニです
片や、家の中に生息していて人に健康被害を起こすのはチリダニツメダニ・・・

 

チリダニ
寝具やソファーに潜む全てのダニの80~90%以上を占めるのはチリダニ

 

チリダニは人を刺咬することはないですが、糞や死骸が空気中に飛散してアレルギーの原因となります
フケやアカや人が食べこぼしたものを餌にします

 

ツメダニ
寝具などに潜む全ダニの中でも1%以下と数は少ないです

 

しかし時たま人を刺す場合があるため注意が必要です
チリダニなどのダニを食べて繁殖します

 

ここでご紹介している「ダニ捕りロボ」は室内ダニ(チリダニやツメダニ)を退治するマットです

 

 

ダニが及ぼす健康被害

 

子供の喘息

 

ダニは、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎など、さまざまなアレルギー性疾患の原因となっています

 

スギ花粉などをアレルゲンとするアレルギーはその時期だけの季節性のあるもの
しかしダニなどハウスダストを原因とするアレルギーは、1年中症状が現れます

 

やっぱりダニは人にとっては迷惑な害虫です

 

ダニは生きている時よりも、むしろ秋になってからが問題です
大量のダニが死んで死骸やフンが空気中に飛散する為、困るのです

空気中に飛び散った空気を吸い込むと、喘息や鼻炎を引き起こします

 

ダニ捕りロボは生きたままダニをマット内におびき寄せ退治する
死骸はマットの中に閉じ込められ、空気中に飛散しません

 

中に入ったダニは2度と出てこられず全部、死にます
このことは、防ダニ試験でも抑制率100%と立証されています

使用後はマットごとそのまま捨てるだけ

 

ダニは布団を好む

 

湿り気のあるふとんに住み着くダニとカビ

 

ダニが好む環境は、温度が20~30度湿度が60~80%の高温多湿な場所

人が大量に汗をかき、じっとりと湿って体温で暖かくなった布団はダニにとっては住み心地のいい住処です

しかも人のフケやアカといった餌が豊富にあります

 

冬場でも今は暖房がかかっている上、すきま風もなく部屋全体が昔ほど寒くはありません
冬の屋外は寒くても、布団に潜り込んでいればダニは生き延びられます

 

布団は毎日、8時間ほど使うもの
ダニがたくさんいる布団で寝たくはありません・・・

 

ダニ捕りロボを使うときは、ダニが寄り付きやすい布団を中心に使って頂きたいです

 

 

ダニの弱点

 

ダニの弱点

 

 

しぶといダニにも弱点があります
それは乾燥です

 


高温を好むダニですが50度以上の高温になると、くまなく死滅します

 

乾燥
高湿度を好むダニですが、湿度が30パーセント以下になると活発に動けなくなります

 

ダニ捕りロボはこの乾燥に弱い点を利用してダニを退治

ダニの体は、80%が水分で成り立っています

ダニ捕りロボの誘引剤中の吸湿性セラミックがダニの体表に付着した水分を奪い退治します

 

ダニ捕りロボの使い方

 

ダニ捕りロボ

 

使い方はいたって簡単

 

  • 本体ケースに誘引マットを入れる
  • 付属の日付シールに設置日を記入してケースに貼る
  • ふとんやマットの下に置く
  • 有効期限は3ヶ月
  • 3ヶ月たったら使用後の誘引マットを捨てて新しいマットと交換する

ダニ捕りロボは誘引マットを入れるケースがついてきます
定期の場合は初回のみケース付き、2回目からは交換用の誘引マットだけが届きます

 

 

定期の価格

 

ダニ捕りロボ

 

 

公式販売店の定期コースは有効期限が切れる3ヶ月おきに届くコースです

 

定期(5個組み・レギュラーサイズ)

初回(ケース付き) 8,003円(税込)3ヶ月分
2回目以降(詰め替え用) 4,980円(税込)3ヶ月分
送料 ずっと無料

 

定期を選んだ場合、1回目はケース付きなので8.003円ですが、2回目以降は中身だけ5枚の4,980円(税込)
送料は1回目からずっと無料

 

また定期に回数の縛りはありません
6ヶ月の休止を入れる事もできます

 

つまり1回で解約することも、休止を入れて受け取りサイクルを年に2回にすることも可能なわけです

 

例えば、定期でお届けサイクルが「3月⇒6月⇒9月⇒12月」だった場合、
「3月⇒9月⇒翌年の3月」という風に年2回の受け取りにすることができます

 

 

効果的な設置場所

 

ダニ捕りロボの設置場所

 

効果的な設置場所は、ダニが好む場所に置くことです

ダントツにダニが多いのは布団です

布団には必ず設置していただきたいです

 

以下に効果的な設置場所とダニ捕りロボをいくつ置くかの一覧を載せました↓
ダニ捕りロボのマットはレギュラーと少し大きいラージサイズがあります

一般的なレギュラーサイズでの個数を表記しました

 

 

ベッド(家の中で一番ダニが多い) 

 

置き場所 布団とマットレスの間
個数 シングル レギュラーサイズ 1個
ダブル  レギュラーサイズ 2個

 

カーペット(ダニが、もぐりやすいのでタマゴを産みつけやすい

 

置き場所 カーペットと畳の間
個数 1帖レギュラーサイズ 1個
2帖レギュラーサイズ 2個
 

ソファ(布製のソファにダニがはびこる)

 

置き場所 ソファの座椅子の下
個数 2人掛け   レギュラーサイズ 1個
3人掛け以上  レギュラーサイズ 2個

 

クローゼット、タンス、押入れ

(収納場所は開閉の回数が少ないので、内部の湿度が高くなっている)

 

クローゼット レギュラーサイズ 1個
タンス レギュラーサイズ 1個
押入れ レギュラーサイズ 2個
 
 

フローリングの四隅、テレビ

(ホコリがたまりやすい場所でホコリを餌にするダニが潜みやすい)

 

フローリングの四隅 レギュラーサイズ 2個
テレビ レギュラーサイズ 1個
 
     

ペットハウス

(ペットも人間と同じくダニのせいで皮膚炎などアレルギーを起こす可能性がある)

 

ペットハウス レギュラーサイズ 1個

 

靴箱、ぬいぐるみ

(靴箱は締め切っているため湿度が高くなっている)

 

靴箱、ぬいぐるみ レギュラーサイズ 1個

 

ダニ捕りロボの効果の範囲は1個で畳1帖ほどです

それを目安に1個置くか?2個置くか?もっと多く置くか?を決めてください

 

 

ダニ捕りロボ・商品概要

ダニ捕りロボの商品概要を載せておくよ!
項目 内容
シートの種類 乾燥タイプ
サイズ(ラージ) 縦185mm×横165mm×幅8mm
サイズ(レギュラー) 縦150mm×横135mm×幅8mm
使用期限 3ヵ月
効果の範囲 約畳1帖分
捕獲できるダニの種類 チリダニ・ツメダニ(室内ダニ)
香り 甘酸っぱい香り
開発会社 日革研究所(ダニの専門機関)

 
   

まとめ

↓画像クリックで「ダニ捕りロボ」公式販売店へジャンプ↓

ダニが生きているうちの夏場に退治しておくほうが、効率がいい
ダニ捕りロボを使えばダニの方から集まってきてくれる為、楽に捕獲、退治できます

 

ダニ捕りロボの性能は優秀で、一度ダニ捕りマットに入ったら出てこられません

粗悪なダニ捕りシートだとダニが逃げ出してくる心配があります

効果が確かなダニ捕りロボでダニを退治して、清潔な布団でお休み頂きたいと思います

 

 

ダニ捕りロボはどこから購入するのが最安値なのか?比較下記事もご参考にしてください↓

 

 

またダニ捕りロボの特徴の詳しくは、下記の専門サイトをご参考に↓


ダニ捕りロボってどこに売ってる?最安値で購入出来る販売店はどこ?

梅雨から夏にかけてダニは繁殖期に入ります
そこで気になるのは布団に潜むダニ

 

寝ている間に噛まれると、超かゆいし傷跡がいつまでも残ります・・・
また、ダニはアレルギーの原因になるので退治しておくべきです

 

梅雨はカビダニが発生する

ダニ捕りロボは、殺虫剤を使っていないので人体に有害、食品添加物の誘引剤でダニをおびき寄せ、乾燥して退治
3ヶ月置きっぱなしで、あとは捨てるだけ

 

便利なので購入したいのですが、どこに売られているのでしょう?
また最安値はどこの販売店なのでしょう?

 

ダニ捕りロボの取り扱い店と価格についてレビュー

 

 

実店舗の販売店

 

薬局

 

ダニ捕りロボはキリン堂やウエルシアやマツモトキヨシといった有名ドラッグストアには置いていません

 

もちろんスーパーやカインズホーム、コーナンのようなホームセンターにもありません

 

唯一実店舗で取り扱いがあるのが、東急ハンズです
お住まいの近くに東急ハンズがあるなら、ダニ捕りロボが置かれています

 

東急ハンズの店舗は全国、どこの都道府県でも1店舗以上はあるようです・・・
が、うちの県には1店舗しかない

 

しかも県内といっても広いです、ダニ捕りロボを買いに行くには、遠いので厄介
ここは、通販を利用したほうが楽に購入できそうです

 

 

通販会社の販売店

 

最安値の販売店

 

ダニ捕りロボは通販で楽に購入することが出来ます

通販には、公式販売店、Amazon、楽天、yahooがあります

それぞれの販売店のダニ捕りロボはいくらで売られているのでしょうか?

各販売店の5個セット(ケース付き)(レギュラーサイズ)の価格を調べました

 

 

Amazon、楽天、yahoo、公式販売店の価格

 

出費

 

Amazon

Amazonのダニ捕りロボの価格はいくら?

ソフトケース+誘引マットレギュラーサイズ5枚⇒8,251円(税込)・送料無料

 

楽天

ソフトケース+誘引マットレギュラーサイズ5枚⇒8,250円(税込)・送料無料

 

yahoo

ソフトケース+誘引マットレギュラーサイズ5枚⇒8,250円(税込)・送料648円

 

公式販売店

ソフトケース+誘引マットレギュラーサイズ5枚⇒8,250円(税込)・送料648円

 

 

Amazon、楽天、yahoo、公式販売店の商品販売価格は、Amazonが1円だけ高いものの同じです
が・・・yahooと公式販売店は送料が648円かかるので、送料分、価格が高くなります

 

ただ公式販売店には、安く購入出来る裏技的なものがあります

 

 

公式販売店

 

ダニ捕りロボ

 

公式販売店のソフトケース+誘引マットレギュラーサイズ5枚の価格は・・・
1回限りだと、8,250円(税込)・送料 648円です

 

もし、1回限りで5枚組のセットを購入するのなら、送料のいらない
Amazon、楽天のほうが安いということになります

 

しかし公式販売店には定期コースというものがあります

 

この定期コースは解約が何時でもできる点で、1回限りでも定期コースに申し込んでおいたほうが安く購入できます
送料も定期なら無料です

 

また定期にしておけば、最大6ヶ月のお休みを入れることもできます

 

 

公式販売店の定期コース

定期コースは3ヶ月おきに届くのよね

そうなんだけど・・・

6ヶ月に伸ばすこともできるんだ!

定期(5個組み・レギュラーサイズ)

 

初回 8,003円(税込)3ヶ月分(ケース付き)
2回目以降(詰め替え用) 3ヶ月分、4,980円(税込)
送料 ずっと無料
定期の回数 縛りは無し

 

定期を選んだ場合、1回目はケース付きなので8.003円ですが、2回目以降は中身だけ5枚の4,980円(税込)
送料は1回目からずっと無料

 

また定期に回数の縛りはありません
6ヶ月の休止を入れる事もできます

 

つまり1回で解約することも半年間お休みすることも可能なわけです

 

 

裏技その1(解約)

買ったけど余っちゃった、困るわぁ

定期にしたけど、やめられるのかしら?

大丈夫、定期にしておいても

1回だけ受け取ったら解約可能だよ

ダニ捕りロボは1年間、3ヶ月ごとに中身を交換してダニ退治をすることが理想です
しかし余ってしまった、とりあえず1回の5枚で様子を見たい場合、定期で1回だけでも解約ができます

 

解約する場合は⇒0791-64-3700にお電話してください
次回お届け予定日の2週間以上前には、解約の電話を入れください

 

もう発送準備がなされていた場合、間に合わない可能性があります、
余裕をもって解約電話は早めにお願いします

 

 

裏技その2(休止)

定期にしておけば半年の休止を入れられるの?

そうなんだよ

3ヶ月ごとを6ヶ月ごとにできるってこと!

 

ダニ捕りロボの定期コースは最大半年の休止を入れることができます
つまり、定期購入は通常3ヶ月に1回ですが、このサイクルを6ヶ月に1回に伸ばすことができます

 

もし、今年の夏に1回目を受け取り半年休止を入れると2回目は来年の3月
3月に2回目が届いた際は、中身だけ(4,980円)が届くので、詰め替えるだけ

 

上記のパターンで行くと、2回目に届く3月といえば暖かくなる、春先なので丁度ダニ退治にはピッタリの季節

ダニの数が少ない冬場は休んで、春先から再開する方法をとることもいい使い方だと思います

 

また別の例で考えると・・・

例えば、定期でお届けサイクルが「3月⇒6月⇒9月⇒12月」だった場合、
「3月⇒9月⇒翌年の3月」という風に年2回の受け取りにすることができます

 

定期は解約休止の特典がついている為、単発で1回だけ購入を選ぶよりお得です
単発購入だと、また来年購入する際ケース付きの8,003円(税込)かかってしまいます

 

  • 来年の夏も使うなら、定期にして半年のお休みを入れるほうをおすすめします
  • 単発の場合でもとりあえず定期にしておくほうが安く購入出来ます(1回でも解約可能で送料無料)

 

定期コースの特典

定期には特典があるからお得よね

そうだね、特典は見逃せないよ

定期コースは回数の縛りはありませんので何時でも解約可能です
(極端な話1回だけで解約することも出来る)

 

最大6ヶ月のお休みもできるため、春~夏のダニの繁殖時期だけ利用する手もあります

 

また定期コースにすると、価格が安くなる送料は毎回無料などのお得な特典が付いています

 

定期につく特典

  • 送料(648円)と代引き手数料・毎回無料
  • 単品価格より3%割引
  • 2%ポイントプレゼント(1ポイントは1円で割引に使える)
  • 4回に1回選べるプレゼント
  • 最大6ヶ月お休みできる(休みを入れるときは、☎0120-64-1790)
  • 商品お届け10日前にEメールでお知らせ
公式販売店の定期購入が、ダニ捕りロボを最安値で購入する最良の方法です

 

ダニはいつから増える?

 

ダニ

 

ダニの繁殖期は、梅雨から夏の気温と湿度の高い季節であることはよく知られています

しかし厳密に言うと春先からダニ退治をしておくべきです

近年の家は密閉度が高く、加湿器や煖房器具が使われているため、低温や乾燥に弱いダニでも冬を生き延びやすくなっています

 

そのため、春のダニにも注意が必要です
夏になってダニの増加を抑えるためにも春先からダニ対策を取るようにしましょう

 

 

ダニによる被害

 

湿り気のあるふとんに住み着くダニとカビ

 

ダニは人にとっては被害を及ぼす害虫です

家の中にいるダニの大部分は、チリダニツメダニ

ダニ捕りロボはチリダニ、ツメダニの両方を退治することができます

 

ダニによる主な健康被害は、アレルギーを引き起こすことと刺されることです

 

  • チリダニはアレルギーを惹き起こす元になります
    (喘息や鼻炎を引き起こす、アトピー性皮膚炎を悪化させる)
  • ツメダニは人も刺します
    (刺された部分は赤く腫れ上がり、痒い)

 

 

まとめ

 

画像クリックで「ダニ捕りロボ」公式販売店へジャンプ↓

ダニ捕りロボの取扱店は、実店舗なら東急ハンズだけです

通販なら公式販売店、Amazon、楽天、yahooに取り扱いがあります

 

実店舗、通販販売店の中で、最安値で購入できるのは公式販売店の定期コース
ご購入をお考えなら公式販売店の定期を選ばれることをおすすめします

 

 

ダニ捕りロボの特徴や使い方や評判については下記の記事もご参考にしてください↓


そんなことじゃあ布団があぶない、カビとダニが好む環境と対策

湿り気のあるふとんに住み着くダニとカビ

カビダニは、湿気を好み、繁殖する場所がほぼ同じです

それにダニはカビも餌にするので、カビが生えるところには、ダニも住み着く場合が多いんです

 

カビとダニは繁殖場所が同じってホントかなあ?
ダニは布団に多いって聞いたけど、じゃあ、ひょっとして布団にはカビも多いってこと?
ダニも嫌だけど、カビは目に見えるから、グロテスクに感じるよね

 

 

カビが布団に・・なんて想像しただけでゾッとしますね

何とか対策をしておかないと・・エライ事になる、

第一カビを見たら超、気持ち悪いでしょ!

 

 

 

カビが繁殖する条件

カビ

 

 カビ菌は空気中、どこにでもいて4つの条件が整えば、どこでも発芽します

ダニの餌にもなるので、カビとダニはセットのようなものですね

 

カビ繁殖の4つの条件とは?

酸素・カビは好気性の微生物で、呼吸をするので酸素が必要

 

温度・5~45℃で発育可能ですが、最適温度は20から30℃

 

湿度水分含量が高いほど(80%以上)よく発育する

 

エサ・食品のカス、ホコリ、汚れ、アカ、 ダニの死骸、石鹸カス、 皮脂

 

 

これらの4つの条件がそろうと、カビはどこでも爆発的に繁殖するというわけ

 

カビも、呼吸をして、栄養をとるなんて、まさに生きているんですね

 

 

カビが繁殖するのはこんな所

観葉植物

 

カビは場所を選ばずどこでも、条件が揃えば繁殖しますが例えば・・・

以下のような場所で見かけます

 

カビの繁殖場所

食品なんかは絶好の繁殖場所であり、すぐにカビの繁殖が始まってしまいます

 

わかり易いところでは、よく食パンにカビが生えますし、おもちにもカビが生えますよね

 

雨の日など外の湿度が高い日に窓を開けて換気をすると、かえって湿気を部屋に呼び込んでしまいます

 

カビは外からも部屋に入って来るんです

結露にも注意です、窓ガラスなどに結露ができたら拭き取ること

放っておくとカビが生えます

 

意外なことに、観葉植物の土にはカビがはびこります

部屋に観葉植物は置かないほうが良いでしょう

 

敷きっぱなしの布団や毛布は、通気性が悪く、湿気を溜めるのでこれにもカビが生えます

 

カビって気持ちわるいけど、時々見る時があるよね
カビ予防のポイントは部屋の温度より、湿度に注意することが大事だって・・・
カビは湿気のあるところに生えるってことは、体験上感じてたけど、ホントなんだね!

 

ダニが繁殖する条件

ダニ

 

方やダニが繁殖する条件を見てみると・・・

 

ダニ繁殖の3つの条件

ダニが好む温度⇒25℃前後・(VSカビは20から30℃

 

ダニが好む湿度⇒60~80%・(VSカビは80%

 

ダニのエサ⇒髪の毛、フケ、アカ、食品のカス、ホコリ、カビ・(VSカビはアカ、食品のカス、ホコリ、汚れ、ダニの死骸、石鹸カス、 皮脂)

 

 

 

ダニの繁殖する条件は、カビの繁殖する条件かぶっているのがわかります

 

 

ダニが繁殖するのはこんな所

ソファーに座る

 

ダニの3大名所は、畳、カーペット、布団です

 

ダニの繁殖場所

 畳、カーペット、布団は言うまでもなくダニが多く住み着く場所です

 

またダニはカーテンに、特に厚手のものには多くいます

そしてカーテンは結露が多いとカビもくっついています

 

カーテンにも掃除機をかけること、そして時々洗濯も必要です

 

ソファーにもダニは、はびこります

しかし、革製やビニール製のものはダニが中に入り込めません

 

それに対して布製の場合は、ソファーの中まで侵入して繁殖するんです

そしてソファーに座った際にダニアレルゲンが舞うんです、ホコリやダニのフンや死骸が中から飛び散るんですね

 

布製のソファーの場合、週に1回は干して、掃除機をかけたいものです

ソファーは革製かビニール製の方が、掃除の手間がかからず良いでしょう 

 

 

ダニって目には見えないし、ダニのフンや死骸が飛び散っていても見えないのでわからないよね
見えないけどソファーに座るたびに、アレルゲンを撒き散らす・・・なんて絶対、嫌だよ・・・

 

掃除機がかけにくい場所は、ダニ取りシート

 

↓ダニシート「ダニ捕りロボ」

 

 

 

掃除機がかけにくい場所、例えばソファーには「ダニ取りロボ」をおくのが良い方法です

 

「ダニ捕りロボ」ならダニを生きたままおびき寄せ、シートに入ったダニを乾燥させて退治します

 

3ヶ月、置きっぱなしで、あとはゴミに捨てるだけなので後始末が楽楽

 

「ダニ捕りロボ」は確実にダニをシートから逃がさないので死骸も空気中に飛び散らず、シートの中に収まります

 

ダニ捕りシートは、市販のものもあり、いろんなタイプがあります

 

ただ寄せ付けないだけのものもありますので、パッケージに書かれている事をよく見て購入しましょう

 

ダニ捕りシートは、確実に退治できるものでないと、ダニが移動するだけ・・・ということに・・・

 

また、価格があまりに安いものも効果の面で、安全性の面で、心配です

 

一度シートに入ったダニが逃げ出す場合や謝って赤ちゃんが触った場合など心配です

 

「ダニ捕りロボ」は、ダニを逃がさないのはもちろんのこと、 殺虫剤を使用してない

食品粉末、ビール酵母、食品添加物など天然由来成分で出来ているので赤ちゃんが触っても安全です↓

 

まとめ

チェックポイント

 

結局、カビとダニは繁殖する条件がそっくりなので、繁殖する場所もかぶりますね

 

とりわけ、湿度を持たせないことがカビとダニ対策には、必要です

 

  • カラっとした晴れた日は、時々窓を開けて換気を良くする
  • 雨の日は逆に外の湿気を家に入れない
  • 掃除はこまめにして、部屋をきれいにしておく
  • 結露は拭き取る

 

ダニとカビを防ぐには、室内に湿気を溜め込まないことが大事なんですね

 

 

布団にカビはついているのか?

 

布団にダニがいることは広く知られるけど、カビも布団についているのかなあ?

 

毎日寝ている布団って、割と無頓着に扱ってるけど、カビまで生えたら問題だよねぇ

 

それが布団に湿気が溜まりすぎると、やっぱりカビも繁殖するんです

 

人は一晩でコップ一杯程の汗をかくと言われています

その汗は、布団に吸収されるので、布団には湿気が蓄積されていきます

 

また、人の体温で布団が適度に温められるのも、カビが発生しやすい原因になってしまうんです

 

ふとんには、皮脂やホコリ、フケやダニの死骸があります

そして、それを食べるカビも繁殖してしまうのです

 

ダニはカビを餌にし、カビはダニの死骸を餌にしており、 持ちつ持たれつ・・・の間柄です

 

 

布団にはダニもカビも繁殖する

湿り気のあるふとんに住み着くダニとカビ

 

 

つまり布団は、ダニもいますが、カビも生えやすい環境なのです

常に、布団の湿りっけを放湿するようにしておきたいですね

 

ダニもカビも、まず、湿りっ気が大好きで、湿りのある場所に繁殖します

 

ダニとカビのことを考えると、布団は天日干ししやすい、湿気を溜めない素材のものが良いでしょう

 

 

通気性の良いマットレス

2人で寝る

 

ふとんの素材は、木綿、羽毛、羊毛、ポリエステル、ウレタンといろんな種類があります

 

ちなみに木綿素材は吸湿性は良いが、放湿性が悪いです、加えて干す場合に木綿は重いです

(湿り気を飛ばすために、木綿素材の布団は頻繁に天日干しをしなくてはいけません)

 

ここで扱っている「オクタスプリング」マットレスはウレタン素材で、軽い上に通気性がよくダニやカビを寄せ付けません

そして更に通気性をよくするため、ウレタンの形状に特徴を持たせてあるんです

 

それが単純なウレタンマットレスのモットンやトゥルースリーパーとは違う「オクタスプリング」独自の良い点です

 

 

 

「オクタスプリング」通気性が良い理由

ベッドにオクタスプリングを使う

 

「オクタスプリング」が他のマットレスや敷ふとんに比べて、通気性が良い・・・

 

通気性が良いので、ダニや菌が繁殖しにくいという特徴を持っているのには2つの理由があります

 

 

  • ウレタン素材であること
  • ハニカム構造であること

 

 

 

ウレタンの素材は乾燥しやすい

 

ウレタンの素材はダニが好まない素材です

乾燥しやすいのでダニの生育に向いていません

 

もう1点はウレタンは内部まで小さな気泡が続いている構造であること

小さな気泡をダニはくぐり抜けますが、になるフケやアカが気泡をくぐり抜けて内部まで入れないんです

 

ウレタン布団「オクタスプリング」は湿度を吸い込んでも、1日干しただけで内部まで乾燥してしまいます

 

 

ハニカム(蜂の巣)構造は通気性が抜群

オクタスプリングのハニカム構造とは

 

ハニカム構造とは?

ハニカムとは、英語で「蜂の巣」(ミツバチの櫛)という意味です

ハニカム構造というのは、英語の意味通り、蜂の巣状の形状になってる構造のことです

 

このハニカム構造を使えば、密度を減らしても物質の強度をあまり損なわせないんです

強度を維持したまま、密度を減らせるのでハニカム構造は、通気性がいいんです

 

そのため、航空機の座席に使用されたり、戦車の複合装甲、レーシングカーなどにも採用されています

(自然界では亀の甲羅、サッカーのゴールネットもハニカム構造になってます)

 

布団とかマットレスの場合、ハニカム構造になっていると常に空気を流動させる効果(airフロー効果)があり、高い通気性を発揮できるというメリットがあります

 

だから、ハニカム構造を備えているオクタスプリングは、梅雨でも夏でもダニや菌が繁殖しにくいんですよ!

 

 

オクタスプリングは、体を動かすたびに無駄な湿気をマットレス側面から追い出してくれるんです

高い通気性を持つ『ハニカム構造』のウレタンスプリングを採用して、常に空気を流動させる仕組みを作っているからです

 

寝返りのたびに湿った空気を外に放出してくれるので、布団には湿気が溜まりません

 

 

オクタスプリングのメリット

 

「オクタスプリング」は通気性が良いのでダニとカビの心配はしなくていいってことだね
そう、素材がウレタンであり、しかもハニカム構造をしているから、ジメジメしないし、清潔に使えるね
でも敷きっぱなしはダメ、でもこれは軽いから女性でも毎日上げらるわね!
オクタスプリングのお手入れは2週間に1回程度壁に立てかけて湿気を取り除くことが推奨されているよ
乾燥しやすい布団だから、お手入れは楽よね!助かるわぁ

 

 

 

オクタスプリングの特徴

 

↓画像クリックでAmazon「オクタスプリング」へジャンプ

オクタスプリング トッパー セミダブルカバーセット

新品価格
¥13,640から
(2021/6/3 06:32時点)

 

 

オクタスプリングは、ウレタンフォーム製のスプリングを独自開発、特許も取得しています↓

 

特許取得のオクタスプリング

 ①優れた弾力性と耐久性を実現 ハチの巣状のハニカム構造で、首・肩・腰・背中の負担を分散、痛みを軽減させます

 

②スプリングの硬さを5つのゾーンに分けた5ボディゾーンシステムにより、効果的に体圧を分散 睡眠中に体の疲れをしっかり取り除けます

 

③高反発と低反発の良いとこ取りをした「ハイブリッド反発」で体をしっかり支える(高反発の効果)ことをしつつ 身体にしっかりフィット(低反発の効果)を同時に再現することに成功

 

④ハニカム構造により、常に空気を流動させる(AIRフロー効果)で通気性が抜群!ダニや菌の対策はバッチリ!

 

⑤金属スプリングではなく、ウレタンスプリング(スポンジのような素材)なので軽く、持ち運びが簡単で楽チン!

雲のやすらぎの17cmや、モットンの10cmと比べるとオクタスプリングは7cmです

ベッドマットレスと比べると薄いですが、他の敷布団5cm程と比べると、寝心地が良い程の厚みはあります

 

⑥振動が伝達しにくい「防振スプリングシステム」によりマットレス上の振動の伝達を抑えます

(2人で寝るときに役立つ)

 

特許を取っているウレタンスプリングはスプリング形状による通気性の良さと、優れた弾力性と耐久性を持っているんだ!
ダニとカビの心配は無用ってことだね!
ハイブリット反発なので腰や肩にも良しってこと!

 

オクタスプリング概要

 

オクタスプリング
商品名 オクタスプリング
販売メーカー ヤーマン
商品ジャンル マットレス (高反発と低反発の中間)
厚さ 7cm
サイズ シングル
97×193(cm)
セミダブル
120×193(cm)
ダブル
140×193(cm)
売ってるお店 通販サイト
価格 オクタスプリングトッパーシングルカバーセット
19,800円
オクタスプリングトッパーセミダブルカバーセット
24,800円
オクタスプリングトッパーダブルカバーセット
29,800円
用途 腰痛対策、快眠、安眠用の寝具
その他 ・低反発と高反発のいいとこ取り
・通気性と弾力性が抜群
・耐久性が抜群
・他社では真似できないスプリング構造
・初めからカバーがついてくる
・枕も売ってる(オクタスプリングピローという名前)
・送料無料

 

当サイトでは無重力マットレスのオクタスプリングを詳しくレビューしております
オクタスプリングに興味がおありの方は
ぜひ、下のリンク先ページもご覧になってください

 

ゴメンなさい(;_;)

公式販売店ではもうオクタスプリングは買えないようです

Amazonでは一応在庫がまだあります(次回入荷は未定のようです)

オクタスプリング トッパー セミダブルカバーセット

新品価格
¥13,640から
(2021/6/1 20:29時点)

オクタスプリング以外のトッパーマットレスのおすすめ記事もご覧下さい

 

 

下の厚い布団もおすすめです

 


カテゴリー
人気のある記事
最近の投稿
最近のコメント

    ページの先頭へ